1on1でコーチングをする

はじめに はじめまして!AI・IoTサービス開発部 開発マネージャーの高村です。 OPTiMでは隔週に上長とメンバーが1on1をする制度があります。 今回の記事では、IoTサービス開発ユニットが行っている1on1について書こうと思います。 1on1って何? 簡単に言うと…

Rust 1.56を早めに深掘り

Rust 2021が安定化されたRust 1.56の変更点を詳しく紹介します。

チーム間連携で定例会を激減させた話

こんにちは。AI・IoTサービス開発部の青木です。 今年度に入ってからOPTiM IoTというプロダクトのチームリーダとして開発を行っています。 新卒入社後初めてのチーム開発 + チームリーダで経験も浅いので、周りのスタッフに助けていただきながら推進していま…

EfficientDetによるドキュメントレイアウトを意識したOCR解析

R&D チームの徳田(@dakuton)です。 過去記事にて紹介したLayoutParserがバージョンアップ(v0.3.0以降)により、EfficientDetによるドキュメントレイアウト解析がサポートされたので動かしてみました。 技術解説 EfficientDetとLayoutParserの技術的な説明に…

深層距離学習(Deep Metric Learning)の基礎から紹介

こんにちは、R&Dチームの河野(@ps3kono)です。深層学習モデルの開発を担当しております。 今回は、画像分類、画像検査、顔認識や異常検知など様々な分野に利用されている深層距離学習(Deep Metric Learning)について紹介したいと思います。 Deep Metric Lear…

GiNZAのja-ginza-electraモデルでELECTRAベースの単語ベクトルを使用できるようにする

はじめに R&Dチーム所属の伊藤です。相も変わらず自然言語処理と格闘する毎日を送っています。 今回は個人的にとても楽しみにしていたGiNZA v5の新モデルであるja-ginza-electraを使って、前後の文脈を加味した単語ベクトルを求められるようにするまでの手順…

Nuxt.js + TypeScriptで新規プロジェクト作成

自己紹介 はじめまして、今年3月に中途入社しましたAI/IoTサービス開発部のIoTサービス開発ユニットの下村です。現在、OPTiM IoTでフロントエンド開発をしております。 今回は、そのOPTiM IoTで取り入れたNuxt.js + TypeScriptの新規プロジェクト作成につい…

IT研修で作ったアプリをEKSにデプロイしました

自己紹介 初めまして。21新卒で入社いたしました、技術統括本部SREユニットの岡田です。 大学院在籍時にPythonを使用した機械学習でのデータ解析を行っていましたが、入社まで運用はもちろん開発も未経験でした。社内でのIT人財教育プログラム(IT研修)ののち…

プロペラモータのPID制御

プロペラモータを使ったPID制御システムの紹介です。

エンジニア目線でオプティムを紹介

こんにちは、AI・IoTサービス開発部とSREチームのマネージャをしている和田です。 今回エンジニアの皆さま向けのOPTiM会社紹介を公開しましたので、この場を借りてご紹介させてください。 本OPTiM TECH BLOGやOPTiM TECH NIGHT を通じて、OPTiMが技術面でど…

Rust 1.55を早めに深掘り

レンジのパターンや配列の写像が出来るようになったRust 1.55の変更点を詳しく紹介します。

知識0からKubernetesで本番環境までひと月でデプロイした話

自己紹介 初めまして。21新卒で入社しました、AI/IoTサービス開発部のIoTサービス開発ユニットの濱村です。 昨年3月に初めてVue x Laravelでアプリケーションを開発してOPTiMに入社した初心者フロントエンドエンジニアです。 配属されてひと月経った5月の下…

姿勢推定モデル MoveNet を TensorRT でベンチマーク

R&D チームの奥村(@izariuo440)です。日本で気温が暖かくなると姿勢推定が盛り上がってくるように見えるのは私だけでしょうか?今年の5月に発表された人物姿勢推定モデルの MoveNet v3 をTensorRT でベンチマークしてみました。CPU でもかなり高速推論が…

ディープラーニングモデル圧縮手法 Pruning を PyTorch でお試し

こんにちは、R&D チームの宮城です。画像分類モデルの開発や精度改善などの業務を担当しています。 最近は将棋観戦にはまっており、藤井聡太先生の対局を見まくっていますが一向に将棋が強くなる気配はありません。 今回の記事ではディープラーニングモデル…

Redmine APIとExcelを使ってバグチケットダッシュボードを作ってみた

こんにちは、Optimal Bizチームの片岡です。 今年度からQAチームに配属となり、Optimal Bizの品質向上のために何ができるかを日々考えています。 2021年度Q2から開発期間内に摘出されるバグの分析を始めており、今回はその取り組みの中で作ったバグチケット…

Android Studio Arctic Fox 正式リリース! Android プロジェクトの更新方法

皆様こんにちは、医療ユニット開発の山口です。 最近コロナワクチン2回目を打ってきました。38度超えの発熱よりも関節痛併発で首が爆裂に痛くなったほうがヤバかったです。 いやぁ、首がもげるかと思いました・・・すごいですね、モデルナ。 今回は 7 月末に…

なぜJavaScriptにおいて『オブジェクト』という言葉は二重に使われているのか

みなさん、こんにちは。OPTiM Storeの開発チームの半田です。 業務内容とはあまり関係ありませんが、学習初期に疑問に思っていたことが今になってやっと理解出来たので、今回文章に纏めてみようと思います。 ことはじめ JavaScriptにおいて、『オブジェクト…

WebAssemblyを用いてBERTモデルをフロントエンドで動かす

はじめまして。R&Dチーム所属、20.5卒の伊藤です。 普段の業務では自然言語処理と格闘していることが多いです。 今回は自然言語処理モデルとして有名なBERTをWebAssemblyを使用してフロントエンドで動かしてみた話になります。 最近、自然言語処理ライブラリ…

LayoutParserによるドキュメントレイアウトを意識したOCR解析

R&D チームの徳田(@dakuton)です。 過去記事に引き続き、今回もテキスト抽出をさくっといい感じにしようシリーズです。 前回記事 tech-blog.optim.co.jp LayoutParserとは 物体検出を追加利用したドキュメント向けレイアウト解析ツールです。 (GitHub)Layo…

Rust 1.54を早めに深掘り

属性中でマクロが使えるようになったRust 1.54の変更点を詳しく紹介します

Edge TPU の July 2021 Updates を追う

こんにちは、R&D チームの奥村(@izariuo440)です。 前回の Edge TPU の記事から1年4ヶ月ほど空いてしまいました。その間、Windows 向けの PCIe ドライバのβ版が公開されたり Edge TPU ランタイムが OSS になったり、Python/C++ 向けの API が整理された…

TensorRT 8 でさらに快適な高速推論

オプティムの R&D チームで Deep な画像解析をやっている奥村です。手元に NVIDIA RTX A4000 が届いてわくわくしています(PCIe 3.0 でも動作する模様)。TensorRT 8 の変更点についてメモしました。 はじめに 気になった内容 QAT で訓練されたネットワーク…

Android プロジェクトでの CI/CD 環境を比較 (GitHub Actions vs. GitLab CI/CD)

皆様お久しぶりです、医療ユニット開発の山口です。実に半年ぶりの投稿になります。 つい1週間前にコロナのワクチンを打って、3日くらい腕が痛くて上げられなかったです。 (寝ている間に寝ぼけたちびっ子のヒップアタックが腕にダイレクトヒットしたときは…

Multiple Object Trackingの手法・ライブラリ紹介

R&Dチーム2年目の葉山です。巣ごもりの影響...はあまり関係なく元からですが、もっぱら自宅で映画ばかり見ています。バイオレンスな映画が好きです。最近は業務でMultiple Object Trackingを扱っており、トラッキング処理の実装に四苦八苦しています。 今回…

Seleniumを実行するAPIサーバーを作成する

皆さんこんにちは、Optimal BizのAndroid 開発チームの山口です。 最近暑すぎてエアコンがないとリモートワークに身が入らない日々を過ごしています。 今回はプロダクトのテスト環境を良くするための下調べとして、簡易的なテスト環境を作成したので紹介して…

Rust 1.53を早めに深掘り

変数名などに日本語が使えるようになったRust 1.53の変更点を詳しく紹介します。

SAML とちょっと仲良くなるひとつのやりかた

祝日のない6月ですが、OPTiM はお誕生日のお祝い で今年も元気いっぱいです。 こんにちは、技術統括本部 の Kikuchi です。1年ちょっとぶりの登場となります。 中の人ですが、最近発表された OPTiM ID+ で SAML と戯れていました。 SAML わからない、わから…

Bunkai(日本語文境界判定器)でPDFテキスト抽出の改行位置をいい感じにする

R&D チームの徳田(@dakuton)です。 前回記事にてPDFの改行補正に関する記事を書いたあと、前回記事のような日本語文境界判定での利用に特化したBunkaiというライブラリが公開されたので、今回は続編として紹介します。 前回記事 tech-blog.optim.co.jp テ…

【AWS】App RunnerとCloudWatchで簡単サービス運用

こんにちは。AIサービス開発部の上原と申します。 2020年度に株式会社OPTiMへ新卒入社後、業務では主にバックエンドシステムの設計・実装やAmazon EKSを利用したサービス運用を担当しており、特に最近はKubernetesと格闘する日々を送っております。 さて、皆…

【初心者向け】 機械学習におけるクラス分類の評価指標の解説

こんにちは。R&Dチームの河野です。主な担当業務は機械学習モデルの開発です。 タイから日本に留学し、卒業後日本企業に就職していました。データ分析・機械学習の業務経験が3年程度で、R&Dチーム唯一の女性かつ外国人のメンバーです。 直近の仕事はディープ…