Androidの法人利用を後押しする「ゼロタッチ登録」開発の流れ

はじめに はじめまして。オプティムのOptimal Bizチームの于(う)です。入社してから新人研修の時期を除いてずっとOptimal Bizチームに所属しており、今は五年目です。 Optimal Bizに関しては以下を参照 www.optimalbiz.jp 普段の業務では主にRuby on Railsに…

2019インターン紹介: Edge TPU向けPoseNetのリアルタイム姿勢推定

R&D チームの量子化警察こと徳田(@dakuton)です。 7月のEdge TPUアップデートにあわせて、7/30にPoseNetのEdge TPU版が公開されていた(作者Twitter動画はこちら)ため、今夏初のインターンとしてチャレンジしてもらいました。 Edge TPUアップデート内容につい…

Xamarin.iOS から OpenCV を使って QR コードを認識してみる

はじめに こんにちは。ソリューション開発部 農業開発チームの梅田です。 アンケート記事以来、約1ヶ月ぶりの再登板です。 tech-blog.optim.co.jp 今回は Xamarin.iOS から OpenCV を利用する方法をご紹介します。 Xamarin とは Xamarin とは、.NET Framewor…

Edge TPU の July 2019 Updates を追う

こんにちは。R&D チームでコンピュータビジョンの深層学習モデル推論特化型人材として活躍している(自称)奥村(@izariuo440)です。Edge TPU リリースからはや4ヶ月。周辺ソフトウェアの更新でハードウェアの潜在能力が顕在化してきています。先日、post-…

Rust IDE に化ける VSCode

この記事では主に VSCode の拡張機能 Rust (rls) と CodeLLDB の使い方及び何ができるのかについて解説しています.

エッジデバイス推論向けのTensorFlow最適化を掘り下げてみる #GoogleMLSummit

まえがき R&Dチームの徳田(@dakuton)です。 昨日、Google主催の機械学習エンジニア向けイベント「Google Developers ML Summit Tokyo」に参加してきました。 このイベントでは、エッジデバイス推論(On-Device Machine Learning)に関するセッションもいくつか…

Rustの未来いわゆるFuture

Rust 1.36から導入されたFutureを詳しく解説します

Rust 1.36を早めに深掘り

Futureが安定化されたRust 1.36の変更点を詳しく紹介します

本気で自然言語処理やらないエンジニアでもできる、イベントアンケートの意見抽出

まえがき R&Dチームの徳田(@dakuton)です。 私の開発業務としては自然言語処理をメインとした業務ではありませんが、必要に応じてテキスト解析に携わることもあります。 今回は、がっつり自然言語処理やらないエンジニアからみたときのテキスト解析の使いど…